Home > 貸研究室 概要

貸研究室 概要

1 概要

1 趣旨

研究開発等を行う中小企業等に対し、賃貸型の研究開発室等(研究開発室、 共同研究室、企業育成室)を提供することにより、中小企業等の技術力や 研究開発能力の向上、新事業の創出等を支援します。


2 賃貸条件等

(1)月額使用料等
種類
タイプ
月額使用料
研究開発室 A(115.2㎡) 262,590円
B(51.2㎡) 116,430円
F(15.8㎡) 34,250円
G(14.3㎡) 31,880円
H(11.9㎡) 25,090円
共同研究室 A(115.2㎡) 262,590円
B(51.2㎡) 116,430円
企業育成室 A(115.2㎡) 197,580円
C(64.6㎡) 108,200円
D(50.9㎡) 85,880円
E(25.3㎡) 42,990円

※間取り図はコチラからご覧ください。
(注)

1 F・G・Hタイプは、パーテーション仕様の個室です。

2 月額使用料は、現行条例に基づく金額です。
なお、経済状況の変化等諸事情により、月額使用料の見直しをすることがあります。
3 企業育成室は、創業5年以内の企業が募集対象となります。


(2)入居条件
ア 研究等が有害・危険などのおそれがない企業等
イ 法令等に抵触しない企業等
ウ 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがない企業等
エ 千葉県東葛テクノプラザの管理上支障がない企業等
オ 以下の各号に該当しない企業等
  一 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成三年法律第七十七号)第二条第六号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。
  二 次のいずれかに該当する行為(ロ又はハに該当する行為であって、法令上の義務の行としてするものその他正当な理由があるものを除く。)をした者(継続的に又は反復して当該行為を行うおそれがないと認められる者を除く。)
    イ 自己若しくは他人の不正な利益を図る目的又は他人に損害を加える目的で、情を知っ
      て、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第二条第二号に規定する暴力団
      (以下「暴力団」という。)又は暴力団員を利用する行為
    ロ 暴力団の活動を助長し、又は暴力団の運営に資することとなることを知りながら、
      暴力団員又は暴力団員が指定した者に対して行う、金品その他の財産上の利益若し
      くは便宜の供与又はこれらに準ずる行為
    ハ 請負契約、物品を購入する契約その他の契約の相手方(法人その他の団体にあっ
      ては、その役員等)が暴力団員であることを知りながら、当該契約を締結する行為
  三 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者


(3)敷金・保証金
なし

(4)別途料金
ア 光熱水費、電話料、インターネット回線使用料金等は、別途入居者の負担となります。
イ 駐車場の使用料は、1台あたり月額5,140円です。

(5)その他
その他詳細は、千葉県東葛テクノプラザ設置管理条例、千葉県東葛テクノプラザ管理規則、 東葛テクノプラザ研究開発室等管理要綱による他、千葉県及び(公財)千葉県産業振興センターが別に定めるところによる。

3 審査・利用承認

 入居にあたっては、「東葛テクノプラザ研究開発室等入居審査委員会」 で審査し、同委員会の審査基準に基づき研究開発室等の利用承認を行います。